「MVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)」とは、一言でいってしまえば、「格安スマホ会社」のことです。

英語で「Mobile Virtual Network Operator」、日本語で「仮想移動体サービス事業者」と訳されますが、こんな難しい言葉は知らなくても大丈夫です(笑)

格安スマホについて調べていると、「MVNO」っていう言葉がたくさん出てきますが、「MVNO = 格安スマホ会社」で覚えておいてください。

ちなみに「格安スマホ大全集」では、わかりにくい専門用語をできるだけ使わず、MVNOも格安スマホ会社という言葉を使うようにしています。

格安スマホって本当はとても簡単ですので、スマホ初心者の方も安心して当サイトをご覧ください。

格安スマホ会社は、なぜサービスを安く提供できるの?

MVNOについて学ぶ女子高生マドンナ

格安スマホ会社がなぜサービスを安く提供できるかというと、大手通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りているからです。

つまり格安スマホ会社は、自社でアンテナを立てたり、回線設備を用意したりはしないため、コストが安く済みます。

大手通信会社に「回線使用料」を支払っていますが、全国に一からアンテナを張り巡らせるのに比べたら、断然こっちの方が楽です。

それに大手通信会社にとっても、もともと持っている回線を貸し出すだけでお金をもらえるわけですから、いい商売ですよね(笑)

MVNOとは、このように回線を借りて通信サービスを提供する事業者のことで、要するに「格安スマホ会社」のことです。

大手通信会社と格安スマホ会社は、ライバルではないの?

「でも格安スマホが増えたら、大手通信会社はユーザーを取られて、逆に損するんじゃないの?」

って思われた方、するどいですね!

確かに格安スマホへどんどん乗り換えられてしまっては、大手通信会社は困ってしまいますよね。

回線使用料をもらえるとは言え、ユーザーが減ってしまえば逆に損してしまいます。

しかし実際には、大手通信会社もまだまだユーザー数を増やし続けています。

というのも格安スマホの登場は、これまで大手通信会社が取り込めなかった、次のようなユーザーのスマホ利用を拡げることができました。


・これまでスマホは高いと感じていたガラケーユーザー
・お子さまやお年寄りに持たせたい方
・タブレットなど2台目の端末で利用したい方


もちろん、私のように格安スマホに乗り換えてしまうユーザーもいますが、それ以上に、回線使用料が拡大するメリットの方が大きいのです。

このように大手通信会社と格安スマホ会社との関係はウインウインであるため、MVNO(格安スマホ会社)は急速に拡大しています。

MVNOについてまとめ

・MVNOとは、大手通信会社から回線を借りて通信サービスを提供す会社、つまり「格安スマホ会社」のことである。
・格安スマホ会社の登場で、これまでスマホを使わなかったユーザーを新たに取り込むことができた。
・格安スマホ会社と大手通信会社とはウインウインの関係であるため、MVNOは急速に拡大している。

当サイトおすすめの格安スマホ会社

「格安スマホ大全集」がおすすめする格安スマホ会社について、料金比較表を使ってわかりやすく紹介しています。

格安スマホをご検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪