格安スマホについて調べていると、「格安SIM」という言葉で紹介されているサイトも多いですよね。

「格安スマホと格安SIM、これって同じ意味なの?」って疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。

格安SIMとは、格安スマホ会社が発行するSIMカードのことで、これを使用することでスマホを格安で利用できるようになります。

つまり、格安スマホとはスマホ本体のこと、格安SIMとはその中に入っているSIMカードのことです。

そしてそのSIMカードには、「音声通話SIM」「データSIM」といった「種類」があり、サイズも3つあります。

この記事では、「そもそもSIMカードってなに?」というところから、音声通話SIMとデータSIMの違いとカードサイズについて、わかりやすく簡単にまとめています。

SIMカードってなに?

SIMカード

「SIMカード」とは、スマホを通信させるために必要なカードのことで、電話番号などの情報が記録されています。

スマホは本体だけでは小さなパソコンのようなもので、電話をしたりインターネットに接続したりすることができません。

通信会社と契約し、そこで発行されたSIMカードを挿入することではじめて、スマホがつながるようになります。

ちなみにSIMとは、「Subscriber Identity Module」の略語で、そのまま訳すと「契約者特定モジュール」となります。

要するに、契約者情報が記録されていて、スマホ本体と契約者とを結びつける役割を持っているのが「SIMカード」です。

格安SIMとは?格安スマホとは違うの?

SIMカードの中でも、格安スマホ会社から発行されているものを「格安SIM」と言います。

格安SIMを挿入することで、スマホを格安な料金プランで利用することができるようになる、つまり、スマホが「格安スマホ」になります。

例えば同じiPhoneでも、ドコモのSIMを使っていればドコモのiPhoneですが、格安SIMを使っていれば「格安スマホ」です。

実際には格安SIMも格安スマホも呼び方の問題で、どちらも同じような意味で使われることも多くあります。

そのため細かく区別する必要もありませんが、格安SIMはSIMカードのこと、格安スマホは格安SIMが挿入されたスマホ本体のことです。

音声通話SIMとデータSIMの違い

SIMカードには、「音声通話SIM」「データSIM」の2種類があります。

音声通話SIMとは、一般的な携帯電話やスマホに使われている、090/080/070などで始まる電話番号が付いているSIMカードです。

もちろんインターネットへの接続も可能で、これまでと同じように通話もしたい、電話番号を引き継ぎたい場合は、通話SIMが必要です。

そのため、スマホ代の見直しなどでキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換える場合には、通話SIMを選ぶ方がほとんどです。

それに対してデータSIMとは、インターネット専用のSIMカードで、電話番号を使っての通話ができません。

また、データSIMには、「SMSあり」「SMSなし」の2種類があります。

「SMS」とは「ショート・メッセージ・サービス」のことで、電話番号を使って短いテキストメールを送ることができるサービスです。

SMSありのデータSIMには、通話はできないけどSMSはできる、電話番号が付与されています。

SMSがあると便利なのは、「電話番号による認証機能」を使えることです。

例えばLINEでは、本人確認のためにSMS認証を行いますので、SMSなしのデータSIMでは利用できません。

その他、最近ではスマホのアプリで銀行振り込みなどもできますが、ワンタイムパスワードがSMSで送られることもあります。

このように、SMSがないと意外と不便です。

通話は必要ないけどLINEで連絡を取りたい方や、認証が必要なアプリを利用されたい方は、SMSありのデータSIMが必要です。

SMSなしのデータSIMについては、タブレットや2台目のスマホをインターネット専用端末として使いたい場合などに利用されることがあります。

月々の料金もSMSなしのデータSIMが一番安く設定されており、通話専用とネット専用で使い分けている方も少なくありません。

続いて、月々+120~150円ぐらいでSMSありのデータSIM、さらに月々+500~600円ぐらいで通話SIMの料金が設定されています。

主な格安スマホ会社の、SIMカードごとの月々の料金をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
BIGLOBE SIM
(6GBプラン)
1,450円 1,570円 2,150円
mineo
(6GBプラン)
1,580円 1,700円 2,280円
楽天モバイル
(5GBプラン)
1,450円 1,570円 2,150円

※価格は税抜き表記。

SIMカードのサイズについて

SIMカードサイズ

コチラの写真のように、SIMカードには3つのサイズがあります。

左の大きいものから順に、「標準SIM(=mini SIM)」「micro SIM」「nano SIM」と言います。

「標準SIM」は、一昔前のガラケーやiPhone 3Gなどで使用されていたもので、元々は「mini SIM」と呼ばれていました。

なぜ「mini」なのかというと、「フルサイズSIM」というクレジットカードサイズのSIMカードが存在していたからです。

携帯やスマホの普及とともにフルサイズSIMは使われなくなり、mini SIMがずっと主流であったため「標準SIM」と呼ばれるようになりました。

その後、iPhone4の頃からmini SIMよりも小さい「micro SIM」が登場し、現在も多くのスマホで使われています。

iPhone 5移行は、さらに小さくなった「nano SIM」が使われており、高機能なスマホによく使われています。

このようにスマホの高機能化にともない、SIMカードも小型化が進んでおり、今後は「nano SIM」が主流になっていくでしょう。

今使っている端末のSIMカードのサイズについては、実際にSIMカードスロットを開けてみればわかります。

ほとんどのスマホが、電池パックの裏蓋の中にあるか、側面のくぼみにピンを差し込むと飛び出てきますので、乗り換える前に必ずチェックしてください。

この記事のまとめ

・格安SIMとは、格安スマホ会社が発行するSIMカードのことで、格安SIMが挿入されたスマホを格安スマホという。
・電話もできる通話SIMと、インターネット専用のデータSIMがあり、データSIMはさらにSMSあり/なしで分かれている。
・SIMカードには、標準SIM、micro SIM、nano SIMの3つのサイズがあり、格安スマホに乗り換える前に確認が必要。

当サイトおすすめの格安スマホ会社

「格安スマホ大全集」がおすすめする格安スマホ会社について、料金比較表を使ってわかりやすく紹介しています。

格安スマホをご検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪