「大手通信キャリア3社」とは、ドコモ・au・ソフトバンクのことです。

キャリアという言葉は「carrier = 運ぶもの」からきており、音声やデータを運ぶという意味が込められています。

ドコモ・au・ソフトバンクは、自社の通信回線を使って通信サービスを提供する(運ぶ)事業者であり、単に「キャリア」と呼ばれることも多いです。

また、キャリアのことを「Mobile Network Operator(移動体通信業者)」の頭文字を取って、「MNO(エム・エヌ・オー)」と言うこともあります。

一方で格安スマホ会社は、自社で通信回線を持っておらず、キャリアから回線を借りて通信サービスを提供しています。

格安スマホ会社は「MVNO(エム・ブイ・エヌ・オー)」と呼ばれ、これは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」の略語です。

この記事では、MNO(=キャリア)とMVNO(=格安スマホ会社)との違いについて、わかりやすく簡単にまとめています。

キャリアと格安スマホ会社との違い①-コストが違う

格安スマホ会社は、キャリアから通信回線を借りているため、アンテナを建てる費用や回線の維持費がかかりません。

その代わりに「回線使用料」をキャリアに支払っていますが、一から通信網を整備するよりはコストはうんと安くなります。

また、キャリアは全国各地に店舗がありますが、格安スマホ会社は店舗数が少なく、ネットから購入するケースも少なくありません。

そのため、格安スマホ会社は、キャリアと比べて運用コストが大幅に安く、お得な通信サービスを提供することができます。

MNO(キャリア)とMVNO(格安スマホ会社)との関係

キャリアと格安スマホ会社との違い①-サービスが違う

何か問題が起きた時に、キャリアは近くのお店に直接聞きに行くこともできますが、店舗数が少ない格安スマホ会社ではそうはいきません。

格安スマホ会社の場合は、電話やウェブチャットでのサポートがメインとなります。

その代わりに、平日も夜遅くまで電話窓口が開いていたり、チャットの返信も早かったりと、店舗が少ない分しっかりしています。

「どうしても対面でのやり取りじゃないと不安」という方でなければ、格安スマホ会社のサポート体制でも十分です。

ただ、気を付けたいのは、スマホ本体が故障した場合のサポート。

キャリアの場合は、故障したたスマホを店舗に持ち込むなどすれば、キャリアで修理などの対応をしてもらえます。

しかし、格安スマホ会社の場合は、スマホ本体のメーカーへ問い合わせることになります。

スマホ本体も格安スマホ会社でサポートしてもらうには、月額500円ぐらいのオプションに加入する必要がありますのでご注意ください。

キャリアと格安スマホ会社との違い③-通信速度が違う

格安スマホ会社の通信エリアは、回線を借りているキャリアと同じです。

例えば、ドコモ回線を借りている格安スマホ会社は、ドコモと同じ通信エリアで利用できます。

また、通話の質もキャリアと同じで、つながりにくかったりノイズが入ったりするようなこともありません。

しかし、インターネットの通信速度は、キャリアの方が安定しています。

格安スマホ会社は、アクセスが集中するお昼休みや夜間の時間帯に、通信速度が遅くなってしまうことがあります。

これは格安スマホ会社がどのぐらい太く回線を借りているか、それに対してユーザー数がどれぐらいいるのかによって変わります。

実際には通信速度が遅くなるといっても、YouTube動画を高画質で再生すると「ちょっとカクカクするかなー」っていうレベルです。

あくまでも個人的な感想ですが、私は格安スマホを1年以上使っていて、「通信速度が遅くなったなー」と感じたことはありません。

どうしても不安な方は、通信速度の実測値を公開しているブログもありますので、参考に調べてみてもいいと思います。

この記事のまとめ

・キャリアとは、ドコモ・au・ソフトバンクのことでMNOとも呼ばれ、格安スマホ会社はMVNOと呼ばれる。
・キャリアは運用コストが高いが、サービスが充実しており、通信速度も安定している。
・格安スマホ会社は運用コストが安いが、店舗数が少なく、通信速度が遅くなることもある。

当サイトおすすめの格安スマホ会社

「格安スマホ大全集」がおすすめする格安スマホ会社について、料金比較表を使ってわかりやすく紹介しています。

格安スマホをご検討中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪